クロミッドとは?

クロミッドを飲み忘れたときの飲み方とは?

クロミッドを飲み忘れた! 飲み忘れた分はいつ飲む?飲まない?

クロミッドを飲み忘れたときの基本の考え方は、次の服用までの時間を基準にします。飲み忘れたときの対処方法を3つのパターンに分けてご紹介します。飲み忘れた周期は卵胞がちゃんと育つのかどうかにいても解説。

クロミッドの排卵日はいつ?排卵しない早まる遅れる時は?

クロミッドの服用量は排卵日が 生理開始後14日目頃になるよう調整

クロミッドの排卵日は生理開始後14日目に排卵が起きるよう、服用量を調整します。クロミッドを飲んでも排卵しない、早まる、遅れる時もありますが、それはなぜでしょうか?その原因についてもお話します。

クロミッドの効果とは?効かない場合は注射?

クロミッドの効果は 卵胞を育てて排卵しやすくすること

クロミッドの効果は、卵胞を育てて排卵しやすくすること。クロミッドを飲むと1周期に複数卵子が排卵することもあり、妊娠の確率があがる効果も期待されます。クロミッドの効果や効かない理由について解説。

クロミッドで双子を妊娠する確率は5%

クロミッドで双子を妊娠する確率は5%

クロミッドは副作用で双子の妊娠確率が上がります。確率は約5%。クロミッドを服用していない人の双子の妊娠確率は1%程度なので、その約5倍も双子を妊娠しやすくなります。副作用で私が注意した点をご紹介。

クロミッドの副作用で頭痛、眠気、吐き気、めまいも?

クロミッドの副作用で 子宮内膜が薄くなると 妊娠しにくくなります

クロミッドには様々な副作用があり、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、双子の妊娠、子宮内膜が薄くなる3つの副作用は要注意。特に子宮内膜が薄くなると妊娠しにくくなるので私なりの対策をこっそり教えちゃいます。

このページの先頭へ